鶏もも肉のフライパンソテーのイメージ

ちょっとした下味の工夫で、どんな肉でもとってもやわらかく焼き上がる「魔法のようなレシピ」――知りたくないですか?

その「魔法のレシピ」でぜひ試してほしい肉は、骨付き鶏もも肉、厚切りポーク、ラムチョップ。ボリューム感のある肉は食卓がわっと盛り上がるので、みんなが集まるパーティにもおすすめのレシピなのです。「分厚い肉はフライパンで上手に焼くのが難しい」と悩んでいる人もお見逃しなく!

レシピの秘密は「りんご」。酵素が肉をやわらか~に!

マリネに使うりんごのイメージ

「分厚い肉がパサつかずやわらかになる、その秘密は、生のりんごが入ったマリネ液に漬けること」と教えてくれたのは、料理研究家のタカハシユキさん。

「りんごに含まれる酵素(タンパク質分解酵素)には、肉のタンパク質を分解してやわらかくする性質があるんです。しかも、りんごはすりおろさず、スライスでOK」

さっそく、骨付き鶏もも肉で作ってもらいました。オーブンがなくても、フライパンで皮はパリパリ、肉はジューシーに焼く方法も必見です。

「りんごマリネの鶏もも肉ソテー」のレシピ

骨付き鶏もも肉のフライパンソテーの材料

材料(2人分)

  • 鶏もも肉(骨付き)…2本
  • 塩…小さじ1 
  • <りんごマリネ液>
    ・りんご(5㎜幅のいちょう切り)…1/4個分
    ・にんにく(半分に切る)…1片分
    ・あればローリエ…1枚
    ・オリーブ油…大さじ2

作り方

① 鶏肉をりんごのマリネ液で1日漬ける

骨付き鶏もも肉に切り込みを入れて、マリネする

鶏肉は骨に沿って切り込みを2本入れ(写真左)、塩をまぶして5分おきます。余分な水分をふき、<りんごマリネ液>の材料とともに密閉袋に入れて(写真右)、1日以上冷蔵庫へ(3日ほどおいてもいい)。

「骨つき肉は骨まわりに火が通りにくいので、切り込みを入れてください。肉はりんごでやわらかくなり、オリーブ油でしっとり感がアップします」

② 皮目をじっくり焼き、上下を返してさっと焼く

骨付き鶏もも肉をフライパンで焼く

皮目を焼いているときは、肉の温度が下がってしまうので、パリッと焼き目がつくまであまり動かさないこと。

①の鶏肉は室温に戻しておきます。フライパンを弱火で熱し、鶏肉のマリネ液を軽くきって皮目を下にして、にんにく、りんごとともに並べて入れます。鶏肉の皮がこんがりときつね色になるまで、じっくりと焼いてください。上下を返しふたをして、家庭によって火力の違いがありますが、中火で2~3分を目安に肉に火が通るまで焼きます。

「鶏肉は両面を同じだけ焼くと思いがちですが、皮目の面をパリパリに焼いてほぼ火を通したら、反対側はさっと焼けばOK」

思わず唸る! 皮はパリッ、肉はしっとりやわらか~

骨付き鶏もも肉のフライパンソテーのでき上がり

器に盛り、好みでドライフルーツを添えれば、立派なディナーのでき上がり。甘酸っぱく焼けたりんごと鶏肉を一緒に食べると、さらに美味しい!

マリネしただけなのに、唇にふれた肉の感触があきらかに違います! ほのかに感じる、フルーティーなりんごの風味と甘さに色気さえ感じてしまう……。

「もちろんオーブンや魚焼きグリルで焼いても美味しいですよ」

これは、みんなに拍手がもらえる「ほめられレシピ」になりそうです!

豚肉やラム肉もやわらかく美味しくなる!

豚肉はとんかつ用をマリネするのがおすすめ

とんかつ用の豚肉で

厚切りの豚肉のなかでもおすすめなのが、赤身がパサつきがちな「とんかつ用肉」。表面を香ばしく焼いても、キメ細かい肉のやわらかさが感じられます。さわやかなバジルやセージなどのハーブをプラスすれば、肉の甘さが引き立つ!

 

骨付きのラム肉をマリネするのがおすすめ

骨付きのラム肉で

ラム肉なら、骨付き肉(チョップ)でぜひ試して。噛みごたえのある分厚い肉もやわらかジューシーに。クミン、カルダモン、粒こしょうなどのスパイスをプラスすれば、ラム肉特有のクセも、エキゾチックな美味しさに変わります。

 

取材協力/タカハシユキさん

取材協力/タカハシユキさん

フードコーディネーター。書籍、雑誌などのメディア、企業広告・商品開発などに携わる。旬の食材の細やかな美味しさを活かしたシンプルな調理、季節の体がよろこぶメニューに定評がある。

文: 香取里枝

写真:南雲保夫

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=フレッシュマーケット/I’S MEAT SELECTION、伊藤和四五郎商店 鶏三和にてお取扱いがございます。

確かな目で選び抜いた厳選素材を食卓へ。伊勢丹オンラインストアではI’S MEAT SELECTIONの一部商品をお取扱いしております。

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. ゆで卵の作り方「水からゆでる? お湯から?」プロが疑問に答えます
  2. キャベツの外葉は捨てないで! 部位別の美味しい食べ方
  3. 卵焼きは劇的にふわふわになる!「こす・強火・3回で焼く」が鉄則
  4. 500円プチギフトを日本橋三越本店で発掘! 気の利いたアイテムをワンコインで
  5. 1,000円で買える! ご挨拶に使える&気の利いた引っ越しの手土産