鶏がゆのイメージ

今日はちょっと冷えるな……、なんだか疲れた……。そんなときは、あったかくて体がほっとする中華風「鶏がゆ」がおすすめです。

教えてくれたのは、国際中医薬膳師でもある料理研究家のタカハシユキさん。

「日本のおかゆと違って、中華のおかゆは鶏の出汁が味のポイント。今回は手羽先を加えて炊くことで、骨から美味しい出汁が出る作り方を紹介します。にんにくも入れるので、スタミナたっぷりの風味豊かなおかゆになります」

手羽先のうまみが効いた、中華風「鶏がゆ」の作り方

鶏がゆの材料

材料(4人分)

  • 米…100g
  • 手羽先…6~8本 
  • 塩…小さじ1
  • にんにく…2~3片分 
    ※半分に切って芽を除く
  • しょうが(薄切り)…2枚分
  • 水…1~1.2ℓ
  • ごま油…適量

作り方

① 米は約10倍の水で炊く

米は水の約10倍

米はザルに入れ、流水で軽く洗います。

「おかゆの場合、水は米の10~11倍と覚えておくといいでしょう。さらっとしたおかゆが好みなら、12倍まで水を加減してください」

 

② 手羽先に切り込みを入れ、出汁を出やすくする

手羽先に切り込みを入れる

手羽先は出汁が出やすいよう、骨に沿って切り込みを2本入れ(上写真)、塩をまぶして5分ほどおき、余分な水気をふいておきます。

③ 鍋に水、②の鶏肉、にんにく、しょうがを入れ、沸騰したら米を加える

鍋に水、②の鶏肉、にんにく、しょうがを入れ、沸騰したら米を加える

「材料を入れたら強火にかけて、沸騰したらアクを除きます。米は必ず沸騰してから入れましょう。湯の対流により、米が鍋底にくっつきにくくなります」

④ 弱火でコトコト40分炊く

ふたを少しずらし弱火でコトコト40分炊く。右写真が炊き上がり

再び沸騰したらごま油をひとまわし加え、弱火にする。ふたをして(ふたに空気穴がない場合は、左写真のように少しずらす)、40分ほど炊く(右写真)。

「炊いている途中でふたを開けて様子を見てもかまいませんが、大切なのは混ぜないこと。途中で混ぜると、鍋底に米がくっつきやすくなります」

体がほっ。鶏のうまみが米と溶け合い、しみじみ美味しい

鶏がゆのでき上がり

炊きあがった鶏がゆを、まずはそのままひと口。鶏のうまみがお米となじみ、やさしく広がります。皮がプルプルになったやわらかい手羽先とホクホクのにんにくを崩しながら食べると、体がポカポカしてきます。

「おかゆは多めに作っておいて、1人分ずつ小分けにして冷凍保存することができます。食べたいときに、凍ったまま鍋に入れて水を少し足して温めれば、すぐに食べられるので重宝します」

おかゆを引き立てる、おすすめトッピング3品

おかゆを引き立てる、おすすめトッピング3品

にらがふんわり香る「にらじょうゆ」

にら2本は2cm幅に切り、しょうゆ50mlに漬ける。密閉容器に入れ、冷蔵庫で1か月以上保存可能。

ラー油がピリリと効いた「ピリ辛白髪ねぎ」

長ねぎの白い部分10㎝は白髪ねぎにして塩少々をふる。しんなりしてきたら、白炒りごま小さじ1/2、ラー油ひとたらしを加えて混ぜ合わせる。

サクサク食感がアクセント「油揚げピータン」

油揚げ1/3枚は1㎝角に切り、フライパンでカリカリに炒る。ピータン1個は粗めのざく切りにする。食べる直前に、油揚げ、ピータン、オイスターソース小さじ1/2を混ぜ合わせる。

取材協力/タカハシユキさん

取材協力/タカハシユキさん

フードコーディネーター。書籍、雑誌などのメディア、企業広告・商品開発などに携わる。旬の食材の細やかな美味しさを活かしたシンプルな調理、季節の体がよろこぶメニューに定評がある。

文: 香取里枝

写真:南雲保夫

商品の取扱いについて

記事で紹介している一部の商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=フレッシュマーケット/伊藤和四五郎商店 鶏三和にてお取扱いがございます。

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. これがホントのしょうが焼き!? 豚が脇役の「しょうが焼き」レシピ
  2. 「揚げない」のがコツ。サクッとジューシーなミラノ風カツレツの作り方
  3. 伊勢丹食品フロアスタッフが選んだ「コレおいしい!」まとめ#1
  4. 作って3日で食べられる。らっきょうの甘酢漬け&塩漬けの作り方
  5. 料理上手が「木製のまな板」を使うのはなぜ? 知れば欲しくなるその魅力

口に入れるとふわっ! 新感覚のフリーズドライのチーズ

ロックフォールチーズ&レーズンとロックフォールチーズ&クルミ
ロックフォールチーズ&レーズンとロックフォールチーズ&クルミ

(写真左から)ロックフォールチーズ&レーズン、ロックフォールチーズ&クルミ 各70g/各1,620円(税込)

ワインのつまみにいいものを発見! 山羊のミルクから作ったチーズは風味にクセがあり、正直、ちょっと苦手でした。でも、「ロックフォールチーズ&レーズン」と「ロックフォールチーズ&クルミ」を食べてびっくり。フリーズドライにすると臭みがマイルドになると知ったのです。独特のふわっとした食感を、レーズンとクルミとを交互に食べて楽しむのがおすすめです。日持ちの良さも嬉しいところ。グルメな人へのギフトにしたらきっと喜ばれますよ。

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=プラ ド エピスリーにてお取扱いがございます。 また、伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

まさかデメルに!? おつまみ感覚で食べるサワースティック

デメルのサワースティック
デメルのサワースティック

<デメル>サワースティック(24本入り) 1,944円(税込)

<デメル>といえばザッハトルテ。……とショーケースを覗いていたら、シックなボックスを発見。なんと、甘くないクッキーとのこと。半信半疑で食べたら本当でした! ハマってしまったのは、エメンタールチーズがトッピングされたもの。これ、赤ワインのおつまみにぴったりなんです。ピンクペッパーやキャラウェイシードもクセになる味。甘党ではない方へのギフトにも重宝しています。

文: FOODIE編集部

写真:八田政玄
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1=カフェ エ シュクレ/デメルにてお取扱いがございます。伊勢丹オンラインストアでもお買い求めいただけます。

伊勢丹オンラインストア

おすすめアイテム一覧へ

板チョコみたいに分厚く切って食べたい! デンマークバター

デンマークバター
デンマークバター

<アンデルセン>デンマークバター(有塩・食塩不使用)250g 1,001円(税込)

アンデルセンで毎年6月にご紹介しているデンマークバターをご存知ですか? 乳酸菌を加えて発酵させたもので、口あたりがふわっとなめらか! 日本で一般的なバター(発酵させていないもの)とは違うかすかな酸味とコクは穀物パンとあわせるとなお引き立ちます。また、バターをスライスし、板チョコと合わせてパンに挟んで食べるのもおすすめ。贅沢だけどやめられない、お気に入りの食べ方です。
※数に限りがございます

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、2017年6月1日(木)〜30日(金)までのデンマークフェア期間中、伊勢丹新宿店本館地下1=デリ エ ブーランジュリー/アンデルセンにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

ビリリと辛い「薬膳ラー油」をリピート買いしてます!

小笠原フルーツガーデンの薬膳島辣油
小笠原フルーツガーデンの薬膳島辣油

<小笠原フルーツガーデン>薬膳島辣油(115g) 940円(税込)

「具入りタイプ」が台頭してからブームが続いているラー油。種類が数ある中でも「これ!」と感動したのが「薬膳島辣油」。実は、伊勢丹スタイリストが自分用にもギフト用にも選ぶ隠れた一品なんです。
島トウガラシの辛み、ウコン、アロエ、クコの実といった小笠原産の原材料が独特のハーモニーを奏でて、クセになる味。舌にビリビリとした辛さ、個性的な風味は、一度口にしたら忘れられません。

文: FOODIE編集部

写真:八田政玄
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=シェフズセレクションにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

鮎の魚くささが全然ない! 飲んでも美味しい出汁醤油

まるはらの鮎魚醤
まるはらの鮎魚醤

<まるはら>鮎魚醤(200ml) 1,404円(税込)

堂々と書かれた「鮎」の文字に惹かれて手に取った、<まるはら>の鮎魚醤。鮎と塩だけで作られていると知って驚きました。というのも、いわゆるエスニックの魚醤(ナンプラー)のようなパンチの利いた味ではなく、香りもあっさり。塩で下味を付けるよりもう少しコクを出したいときに使っています。お湯で薄めて飲んでみても、鮎のうまみが品良く香り立って美味しいんですよ。

文: FOODIE編集部

写真:佐坂和也
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1=シェフズセレクションにてお取扱いがございます。伊勢丹オンラインストアでもお買い求めいただけます。

伊勢丹オンラインストア

おすすめアイテム一覧へ