かわいい缶の集合

ショッピングの最中、容器のかわいらしさに目を奪われてついお菓子を買ってしまったことはありませんか? 見た目がかわいらしい缶は「ジュエリーを入れようかな?」「文房具もいいかも!」なんて考えながら、ついコレクションしたくなりますよね。そこで今回は、レコードの「ジャケ買い」ならぬ、お菓子の「缶買い」をしたくなる、パッケージの缶がキュートなスイーツをピックアップしました!

トリコロールカラーが目をひく<資生堂パーラー>ビスキュイ

資生堂パーラーのビスキュイ

<資生堂パーラー>ビスキュイ(20枚入) 1,620円(税込)

おしゃれな缶が多い<資生堂パーラー>のなかでも人気なのがビスキュイ。ポップなトリコロールカラーのストライプ柄の缶に入っています。食べたあとの用途を考えるのも楽しいですね。
伊勢丹新宿店プラ ド エピスリー担当スタイリストの後藤由梨花さんによると、「老若男女どんな人にでも喜んでもらえるビスキュイはご進物(しんもつ)としても人気」なんだそう。

缶も中身も繊細な花モチーフ <ヨックモック>フルール・フルール

ヨックモックのフルール・フルール

<ヨックモック>フルール・フルール 1,404円(税込)

ヨックモックといえば「シガール」が定番ですが、こちらは品のある深いブルーの缶に描かれた繊細な花柄が目を引く「フルール・フルール」。ハナミズキをモチーフにしたこのアイテム、華麗なのは缶だけではないんです。中を開けると丁寧に敷き詰められたラングドシャが。しかも1枚1枚がハート型。これは食べるのがもったいない!  

男性への贈り物にもおすすめ<ノワ・ドゥ・ブール>サブレ・アソルティ・サレ

ノワ・ドゥ・ブールのサブレ・アソルティ・サレ

<ノワ・ドゥ・ブール>サブレ・アソルティ・サレ 2,376円(税込)(1缶6種43個入り)

2016年秋に発売された「サブレ・アソルティ・サレ」。ハーブやチーズ、トマトを効かせた6種類の缶入りクッキーです。アンティーク調のイラストとフランス語のメッセージに乙女心がくすぐられる!? 淡いブルーのビジュアルは男性が持っていてもさまになるかも。塩を意味する「サレ」が名前につく通り、ちょっぴり塩味の効いたサブレは、ウィスキーなどお酒にもよく合います。

ちっちゃくてかわいい、まるでコスメ!<Ameya Eitaro>スイートグロス

Ameya Eitaroのスイートグロス

<Ameya Eitaro>スイートグロス 各540円(税込)

色鮮やかな花が描かれたコンパクトサイズの缶の中には、ペースト状のキャラメルが入っています。その名の通り、見た目はコスメのよう。ついつい化粧ポーチに入れてしまいそうです。

「疲れたときに一口舐めると元気が出ますよ。自分へのご褒美や親しいご友人へのプレゼントにしては?」

シンプルでスタイリッシュな和のお菓子<HIGASHIYA>おこし

HIGASHIYAのおこし

<HIGASHIYA>おこし(蕎麦の実・大徳寺納豆・生姜) 1,512円(税込)

シンプルでスタイリッシュな缶のなかから出てくるのはキャラメル……!? ではなく、おこしです。

「おすすめは生姜。パンプキンシードの香ばしさがアクセントになって、次々と手が伸びてしまいます」

懐かしいのに新しい味は、手土産にも自分のおやつにも。

まるでオーナメントのよう<シュクル・ドルジュ>モレ修道院の大麦キャンディ

デ・リス・ショコラのモレ修道院の大麦キャンディ

<デ・リス・ショコラ>シュクル・ドルジュ モレ修道院の大麦キャンディ 972円(税込)

修道院の紋章が描かれているクリスマスのオーナメントのような缶。側面にも底面にも緻密な絵柄があしらわれており、食べたあともじっくり眺めて、ついとっておきたくなる! 小さめのピアスなどお気に入りのジュエリーを入れてもいいかも。

缶だけでも買えます<ベイクド>ブラウニー

ベイクドのブラウニー

<ベイクド>ブラウニー缶 2,484円 缶 324円(ともに税込)

NY・ブルックリンに店を構える<ベイクド>はチョコマニアも納得の濃厚なブラウニーが名物。ファンの間では実はハイセンスなグッズにも定評があり、缶やトートバッグを単品で購入することが可能です。堂々としたロゴ、NYの景色が描かれたオレンジカラーが映える大きな缶は、インテリアとしても秀逸です。

思わず集めたくなる愛らしい缶入りスイーツ。デザインはその時々で変更になることがあるので、お気に入りの柄があればお早めに手に入れてくださいね。

文: 大川祥子

写真:佐坂和也
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

  • スタイリスト/後藤由梨花

    プラドエピスリー担当。美味しい食べ合わせを考えることが好きで、日々店頭でワインや紅茶とのマリアージュを探求中。最近はオリーブオイルやビネガーなどを合わせた、ちょっとオシャレなドレッシング作りにハマっている。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=カフェ エ シュクレ/資生堂パーラー、ヨックモック、ノワ・ドゥ・ブール、ベイクド、甘の味・茶の道/Ameya Eitaro、HIGASHIYA、プラ ド エピスリーにてお取扱いがございます。

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. サロン・デュ・ショコラ 2017の見どころ&注目ショコラを解説!
  2. 「深化」&「多様化」がキーワード。 伊勢丹バイヤーに聞く、チョコレートトレンド2017
  3. 作り置きが正解! うまみたっぷり「牡蠣のオイル漬け」レシピ
  4. 2017ガレット・デ・ロワ コレクション。人気パティスリーに注目!
  5. 漬け込み2時間! 意外なうまみ食材で作る「自家製キムチ」レシピ