卵焼きを焼いているイメージ

おかずはもちろん、お弁当にも人気の卵焼き。実は、驚くほどふわっふわの卵焼きが焼ける方法があるんです! それを教えてくれたのは、伊勢丹新宿店でいろいろな料理を提案している、鈴木理繪シェフです。

普段通りに焼いたものと比べると、違いは歴然!

鈴木シェフの焼いた卵焼きと、FOODIEスタッフが普段通りに焼いた卵焼きの比較

今回、鈴木シェフが焼いた卵焼き(写真左)と比較するために、FOODIE編集スタッフ(20代・女性)に協力してもらいました。

取材当日まで内緒にしておき、当日いきなり「普段通りに焼いてみて」とオーダー。
「え~、うまく作れるかなぁ」と緊張するなかで、焼いてもらった卵焼きが写真右。こんなに差が出るなんて!

3つのコツで作れる「ふわふわ卵焼き」のレシピ

コツ1 卵液は3回こして、キメ細やかにする

コツ2 卵焼き器は強火でよく熱しておく

コツ3 卵液は3回に分けて流し入れる

「このコツを押さえれば、卵焼き器の深さピッタリの、ふわふわで厚みのある卵焼きが作れます」と鈴木シェフ。今回は家庭で一般的に使われている、卵焼き器を使いました。

材料(作りやすい分量)

卵焼きの材料のイメージ

  • 卵(M玉)…3個
  • 塩…3つまみ強
  • 砂糖…3つまみ強
  • 水…大さじ2
  • サラダ油…適量

作り方

① 卵はよく溶きほぐし、3回こしてキメ細やかにする

卵はよく溶きほぐし、3回こしてキメ細やかにする

コツ1「卵液は3回こして、キメ細やかにする」

ボウルに卵を割り入れ、箸で白身を数回切るようにし、泡立てないようによく溶きほぐす。塩、砂糖、水を加えて混ぜ、こし器かザルに入れて3回こす。
「このひと手間で、滑らかになってキメも細かくなり、色めもきれいなふわっとした卵焼きになるんです」

② 予熱が肝心! ふわふわに焼く決め手に

卵焼き器の温度を手でチェック

コツ2「卵焼き器は強火でよく熱しておく」

卵焼き器にサラダ油を入れて強火にかける。
「卵焼きは最初から最後まで強火で焼きます。卵焼き器は充分に温まっているか、手をかざして温かく感じるまで熱しましょう。焦げると思って弱火にすると、卵がふわふわに焼けません」

③ 卵液は3回に分けて流し入れる

卵を流し入れ、卵を手前に折り畳む

コツ3「卵液は3回に分けて流し入れる」

卵液を1/3量(=卵1個分)を流し入れて全体に広げ(写真左)、気泡を箸先でつついて潰す。
「白身のタンパク質が固まって厚みを出してくれるので、卵液はたっぷり1/3量ずつ流し入れて焼きます。卵液を5~6回に分けて入れて弱火で焼く人が多いのですが、それがぺったんこの卵焼きになってしまう原因なんです」

表面がうっすら固まってきたら、卵焼き器の奥から1/3くらいを手前に折り、そのままひと呼吸おく(写真右)。
「ひと呼吸おくことで、折り返して密着した部分の卵液が固まります」

卵を手前に折り畳む。奥に移動させて、2回目の卵液を流し入れる

さらに手前に半分に手前に折る(写真左)。
「卵焼きを奥に移動させて、2回目の先ほどと同じ量(=卵1個分)の卵液を流し入れます。このとき卵焼きを少し持ち上げて、下にも卵液を流し入れましょう(写真右)。あとは同様にして手前に巻いていきます。3回目の卵液を流し入れて、同様に巻けばOK」

卵焼き器の深さと同じくらいの高さになっていればいいそうです。

④ 卵焼きの側面もしっかり焼くと、よりきれいに仕上がる

卵焼きの側面もしっかり焼いて、きれいに仕上げる

「よりきれいな形に仕上げるには、卵焼きの側面もしっかりと焼くこと。卵焼き器を傾けて、軽く卵焼きの側面を押しつけて焼き、形を整えます」

⑤ ふきんで包み、粗熱がとれるまで冷ます

卵焼きをふきんで包んで休ませる

まきすの下に箸を2本かませて空気の通りを作ると、卵焼きの下面が蒸れません。

「ぬれぶきんかペーパータオルで包み、あればまきすで巻いて、粗熱が取れるまで休ませます。卵焼きの中が多少、半熟だったとしても余熱で火が入っていきます。必ず、粗熱がとれてから切り分けましょう」

ふわふわ卵焼きのでき上がり

卵焼きをふわふわに焼く大きなポイントは、丁寧な下ごしらえと強火で一気に焼くことにありました。
「焼き方さえマスターすれば、味つけはお好みでかまいません。砂糖が多くなれば焦げやすくなるので、より手早く焼きましょう。また、しょうゆを加えれば、色が濃い卵焼きになります」と鈴木シェフ。

見た目も美しく、ふんわりなめらかな食感の卵焼き。ぜひ作ってみてください!

文: 原田視納子

写真:八田政玄

  • スタイリスト/鈴木理繪

    伊勢丹新宿店本館地下1階フレッシュマーケット、青果専属シェフ。休日にはキャンプに出かけ、野外でのごはんを楽しんでいます。満天の星と美味しいごはんが至福の時。キャンプ先の地元の食材は、作る楽しみが増えてわくわくします。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=シェフズセレクションにてお取扱いがございます。

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. これがホントのしょうが焼き!? 豚が脇役の「しょうが焼き」レシピ
  2. 伊勢丹食品フロアスタッフが選んだ「コレおいしい!」まとめ#1
  3. ラップで包んじゃダメ!? チーズの保存方法と食べごろの見極め方
  4. 作って3日で食べられる。らっきょうの甘酢漬け&塩漬けの作り方
  5. 料理上手が「木製のまな板」を使うのはなぜ? 知れば欲しくなるその魅力

口に入れるとふわっ! 新感覚のフリーズドライのチーズ

ロックフォールチーズ&レーズンとロックフォールチーズ&クルミ
ロックフォールチーズ&レーズンとロックフォールチーズ&クルミ

(写真左から)ロックフォールチーズ&レーズン、ロックフォールチーズ&クルミ 各70g/各1,620円(税込)

ワインのつまみにいいものを発見! 山羊のミルクから作ったチーズは風味にクセがあり、正直、ちょっと苦手でした。でも、「ロックフォールチーズ&レーズン」と「ロックフォールチーズ&クルミ」を食べてびっくり。フリーズドライにすると臭みがマイルドになると知ったのです。独特のふわっとした食感を、レーズンとクルミとを交互に食べて楽しむのがおすすめです。日持ちの良さも嬉しいところ。グルメな人へのギフトにしたらきっと喜ばれますよ。

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=プラ ド エピスリーにてお取扱いがございます。 また、伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

まさかデメルに!? おつまみ感覚で食べるサワースティック

デメルのサワースティック
デメルのサワースティック

<デメル>サワースティック(24本入り) 1,944円(税込)

<デメル>といえばザッハトルテ。……とショーケースを覗いていたら、シックなボックスを発見。なんと、甘くないクッキーとのこと。半信半疑で食べたら本当でした! ハマってしまったのは、エメンタールチーズがトッピングされたもの。これ、赤ワインのおつまみにぴったりなんです。ピンクペッパーやキャラウェイシードもクセになる味。甘党ではない方へのギフトにも重宝しています。

文: FOODIE編集部

写真:八田政玄
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1=カフェ エ シュクレ/デメルにてお取扱いがございます。伊勢丹オンラインストアでもお買い求めいただけます。

伊勢丹オンラインストア

おすすめアイテム一覧へ

板チョコみたいに分厚く切って食べたい! デンマークバター

デンマークバター
デンマークバター

<アンデルセン>デンマークバター(有塩・食塩不使用)250g 1,001円(税込)

アンデルセンで毎年6月にご紹介しているデンマークバターをご存知ですか? 乳酸菌を加えて発酵させたもので、口あたりがふわっとなめらか! 日本で一般的なバター(発酵させていないもの)とは違うかすかな酸味とコクは穀物パンとあわせるとなお引き立ちます。また、バターをスライスし、板チョコと合わせてパンに挟んで食べるのもおすすめ。贅沢だけどやめられない、お気に入りの食べ方です。
※数に限りがございます

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、2017年6月1日(木)〜30日(金)までのデンマークフェア期間中、伊勢丹新宿店本館地下1=デリ エ ブーランジュリー/アンデルセンにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

ビリリと辛い「薬膳ラー油」をリピート買いしてます!

小笠原フルーツガーデンの薬膳島辣油
小笠原フルーツガーデンの薬膳島辣油

<小笠原フルーツガーデン>薬膳島辣油(115g) 940円(税込)

「具入りタイプ」が台頭してからブームが続いているラー油。種類が数ある中でも「これ!」と感動したのが「薬膳島辣油」。実は、伊勢丹スタイリストが自分用にもギフト用にも選ぶ隠れた一品なんです。
島トウガラシの辛み、ウコン、アロエ、クコの実といった小笠原産の原材料が独特のハーモニーを奏でて、クセになる味。舌にビリビリとした辛さ、個性的な風味は、一度口にしたら忘れられません。

文: FOODIE編集部

写真:八田政玄
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=シェフズセレクションにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

鮎の魚くささが全然ない! 飲んでも美味しい出汁醤油

まるはらの鮎魚醤
まるはらの鮎魚醤

<まるはら>鮎魚醤(200ml) 1,404円(税込)

堂々と書かれた「鮎」の文字に惹かれて手に取った、<まるはら>の鮎魚醤。鮎と塩だけで作られていると知って驚きました。というのも、いわゆるエスニックの魚醤(ナンプラー)のようなパンチの利いた味ではなく、香りもあっさり。塩で下味を付けるよりもう少しコクを出したいときに使っています。お湯で薄めて飲んでみても、鮎のうまみが品良く香り立って美味しいんですよ。

文: FOODIE編集部

写真:佐坂和也
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1=シェフズセレクションにてお取扱いがございます。伊勢丹オンラインストアでもお買い求めいただけます。

伊勢丹オンラインストア

おすすめアイテム一覧へ