オイスターリーフ

千葉県の松戸の近くにあるTAKEI FARMでは、日本ではまだ栽培数の少ない野菜を多く栽培しています。なかでも、通称「オイスターリーフ」は衝撃度がすごい! なんと、その名の通り「生牡蠣」の味がするんです。磯の香りから特有のミルキーさ、ちょっとした鉄っぽさまで、もう牡蠣そのものとしか言いようがない味のこの葉っぱ……一体どこで生まれた、どんな野菜なのでしょうか? 秘密を探るべくTAKEI FARMを訪れました。

見た目は愛らしい高山植物。でも味はなぜか牡蠣!

オイスターリーフ畑と武井敏信さん

オイスターリーフは別名「ハマベンケイ」と呼ばれるムラサキ科の多年草植物。原産はスコットランドの海岸沿いで、見た目は高山植物のような趣です。かわいらしいやや肉厚の葉は、あまり食用植物らしくなく、最初に見つけた人は「なぜこの葉を食べたのだろう」と不思議な気持ちになるほどです。

花の部分もしっかり牡蠣味!

オイスターリーフの花

オイスターリーフは5月の後半頃になると、指の爪ぐらいの大きさの釣鐘型の花をつけます。咲きはじめはピンク色ですが徐々にブルーに変わる様が愛らしい! 花や蕾も試しに食べてみると、こちらもしっかり牡蠣の味がしました。

TAKEI FARMでは2013年ごろからオイスターリーフの栽培を開始。馬糞や桐生砂、牡蠣殻などを混ぜた特製の土で栽培していますが、実はまだまだ試行錯誤の段階なんだそう。そもそも植え始めの時点で80粒の種から2本しか発芽しなかったという難しさ。その後もまだ安定した栽培方法は確立しておらず、1年目には元気に生え揃っていた苗が2年目にはうまく育たず……、土を変えたら元気に育ちだした! など、生産の苦難は続いているのだそうです。

一皿に1枚あれば、サプライズに!

オイスターリーフ

葉っぱ1枚にしっかり濃厚な牡蠣の味が凝縮したオイスターリーフは、少量でも料理にビッグなサプライズをもたらします。

TAKEI FARMがオイスターリーフを出荷している飲食店のひとつでは、レアに加熱した牛肉で寿司を握り、その上に1枚オイスターリーフを添えて、料理を提供しているとか。食べたお客さまは「肉を食べたはずなのに牡蠣の味がする!!」とびっくりするんだそう。

「オイスターリーフは、葉っぱ1枚で店とお客さまの距離をぐっと近づけられる野菜。食べたときの驚きがコミュニケーションを生み、それが皆さんの心を動かします」

確かに、ひと口オイスターリーフを食べたら、その驚きや感動を誰かに話さずにはいられません!

『心動かす野菜』の栽培を目指すTAKEI FARMでは、そのほかにも口の中に次々と驚きをもたらすさまざまなハーブを栽培しています(参照:見た目はスプラウト、食べたら「あっ、あの味!!」。マイクロバーブがいま面白い)。

見かけたらぜひ、あっと驚く食のサプライズ体験をしてみてくださいね!

武井敏信さん

武井敏信
TAKEI FARM代表。「心動かす野菜」をコンセプトに、西洋野菜やミニ野菜の生産に取り組んでいる。多くのレストランシェフ、料理研究家の信頼を集め、テレビ、雑誌などでも多く取り上げられる注目の存在。

文: 大川祥子

写真:八田政玄
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. ラップで包んじゃダメ!? チーズの保存方法と食べごろの見極め方
  2. 料理上手が「木製のまな板」を使うのはなぜ? 知れば欲しくなるその魅力
  3. 【日持ち・常温・かさばらない】伊勢丹フードアテンダントが教える外さない手土産
  4. 平日も行列必至! 極上生菓子みたいな<とらや>のかき氷「宇治金時」
  5. 伊勢丹食品フロアスタッフが選んだ「コレおいしい!」まとめ#1

口に入れるとふわっ! 新感覚のフリーズドライのチーズ

ロックフォールチーズ&レーズンとロックフォールチーズ&クルミ
ロックフォールチーズ&レーズンとロックフォールチーズ&クルミ

(写真左から)ロックフォールチーズ&レーズン、ロックフォールチーズ&クルミ 各70g/各1,620円(税込)

ワインのつまみにいいものを発見! 山羊のミルクから作ったチーズは風味にクセがあり、正直、ちょっと苦手でした。でも、「ロックフォールチーズ&レーズン」と「ロックフォールチーズ&クルミ」を食べてびっくり。フリーズドライにすると臭みがマイルドになると知ったのです。独特のふわっとした食感を、レーズンとクルミとを交互に食べて楽しむのがおすすめです。日持ちの良さも嬉しいところ。グルメな人へのギフトにしたらきっと喜ばれますよ。

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=プラ ド エピスリーにてお取扱いがございます。 また、伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

まさかデメルに!? おつまみ感覚で食べるサワースティック

デメルのサワースティック
デメルのサワースティック

<デメル>サワースティック(24本入り) 1,944円(税込)

<デメル>といえばザッハトルテ。……とショーケースを覗いていたら、シックなボックスを発見。なんと、甘くないクッキーとのこと。半信半疑で食べたら本当でした! ハマってしまったのは、エメンタールチーズがトッピングされたもの。これ、赤ワインのおつまみにぴったりなんです。ピンクペッパーやキャラウェイシードもクセになる味。甘党ではない方へのギフトにも重宝しています。

文: FOODIE編集部

写真:八田政玄
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1=カフェ エ シュクレ/デメルにてお取扱いがございます。伊勢丹オンラインストアでもお買い求めいただけます。

伊勢丹オンラインストア

おすすめアイテム一覧へ

板チョコみたいに分厚く切って食べたい! デンマークバター

デンマークバター
デンマークバター

<アンデルセン>デンマークバター(有塩・食塩不使用)250g 1,001円(税込)

アンデルセンで毎年6月にご紹介しているデンマークバターをご存知ですか? 乳酸菌を加えて発酵させたもので、口あたりがふわっとなめらか! 日本で一般的なバター(発酵させていないもの)とは違うかすかな酸味とコクは穀物パンとあわせるとなお引き立ちます。また、バターをスライスし、板チョコと合わせてパンに挟んで食べるのもおすすめ。贅沢だけどやめられない、お気に入りの食べ方です。
※数に限りがございます

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、2017年6月1日(木)〜30日(金)までのデンマークフェア期間中、伊勢丹新宿店本館地下1=デリ エ ブーランジュリー/アンデルセンにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

ビリリと辛い「薬膳ラー油」をリピート買いしてます!

小笠原フルーツガーデンの薬膳島辣油
小笠原フルーツガーデンの薬膳島辣油

<小笠原フルーツガーデン>薬膳島辣油(115g) 940円(税込)

「具入りタイプ」が台頭してからブームが続いているラー油。種類が数ある中でも「これ!」と感動したのが「薬膳島辣油」。実は、伊勢丹スタイリストが自分用にもギフト用にも選ぶ隠れた一品なんです。
島トウガラシの辛み、ウコン、アロエ、クコの実といった小笠原産の原材料が独特のハーモニーを奏でて、クセになる味。舌にビリビリとした辛さ、個性的な風味は、一度口にしたら忘れられません。

文: FOODIE編集部

写真:八田政玄
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=シェフズセレクションにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

鮎の魚くささが全然ない! 飲んでも美味しい出汁醤油

まるはらの鮎魚醤
まるはらの鮎魚醤

<まるはら>鮎魚醤(200ml) 1,404円(税込)

堂々と書かれた「鮎」の文字に惹かれて手に取った、<まるはら>の鮎魚醤。鮎と塩だけで作られていると知って驚きました。というのも、いわゆるエスニックの魚醤(ナンプラー)のようなパンチの利いた味ではなく、香りもあっさり。塩で下味を付けるよりもう少しコクを出したいときに使っています。お湯で薄めて飲んでみても、鮎のうまみが品良く香り立って美味しいんですよ。

文: FOODIE編集部

写真:佐坂和也
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1=シェフズセレクションにてお取扱いがございます。伊勢丹オンラインストアでもお買い求めいただけます。

伊勢丹オンラインストア

おすすめアイテム一覧へ