チョコレートケーキの画像

濃厚でとろけるような甘さが魅力の「チョコレートケーキ」。老若男女に愛されるケーキの王道ですが、今回はちょっと贅沢でこだわりのある大人向けのチョコレートケーキをご紹介します。

「ひと口に『大人』と言ってもさまざまなテイストがあるので、好みやその日の気分によって選んでほしい」と語る、伊勢丹新宿店・洋菓子担当の和田真由子さんと一緒に食べ比べてみました!

 

①<トップス>ブラックチョコレートケーキ

王道のチョコレートケーキ店に隠れた名品が!

トップスのブラックチョコレートケーキ

<トップス>ブラックチョコレートケーキ(通常サイズ) 1,383円(税込)

「チョコレートケーキといえば<トップス>!」という人も多いはず。定番はくるみが入った「チョコレートケーキ」ですが、実は「ブラックチョコレートケーキ」こそ知る人ぞ知る逸品なのだとか。

トップスのブラックチョコレートケーキの断面

ビター度

★★★★☆

濃厚さ

★★☆☆☆

食べ応え

★★☆☆☆

お酒の使用

あり

ふんわりしたチョコレートスポンジにサンドされたチョコレートクリームは絶妙なビターテイスト。取り分けやすいスクエア型ですが、ひとりで1本食べられそうなほど後味はさっぱりしています。さらに、スポンジに隠されたリキュール漬けのレーズンはリッチな風味と食感をプラスしてくれます。

「定番とはひと味違う上質な味わいなので、特別な人に贈る手土産にもぴったり。また、チョコレートを思う存分食べたい日にはぜひこれを!!」(和田さん)

②<デメル>トリュッフルトルテ

ウィーンの老舗洋菓子舗のチョコレートがケーキに!  

デメルのトリュッフルトルテ

<デメル>トリュッフルトルテ 756円(税込)

220年以上の歴史を持つ、ウィーンの老舗洋菓子舗<デメル>。人気の「トリュッフルトルテ」は、風味豊かなガナッシュクリームを惜しみなく使った贅沢なチョコレートケーキです。

デメルのトリュッフルトルテの断面

ビター度

★★☆☆☆

濃厚さ

★★★☆☆

食べ応え

★★★★★

お酒の使用

あり

「<デメル>は美しいフォルムはもちろん、ブランドのエンブレムが描かれたチョコレート細工にも注目です。口の中でスッと溶けていくガナッシュクリームと、しっとりしたスポンジの三層。ガナッシュクリームとスポンジが口の中で渾然一体になり、食べるほどにカカオの風味が増していきます。チョコレートにこだわったケーキを食べたい! という方におすすめです」(和田さん)

③<ノワ・ドゥ・ブール>ショコラ・レジェ

作りたてのフレッシュなチョコレートケーキ

ノワ・ドゥ・ブールのショコラ・レジェ の画像

<ノワ・ドゥ・ブール>ショコラ・レジェ 594円(税込)

三越伊勢丹の限定ブランド<ノワ・ドゥ・ブール>最大の魅力は、店内厨房ならではのフレッシュ感。毎日パティシエが一つひとつ丁寧に仕上げています。

ノワ・ドゥ・ブールのショコラ・レジェの断面画像

ビター度

★☆☆☆☆

濃厚さ

★★☆☆☆

食べ応え

★★★☆☆

お酒の使用

あり

見た目は重厚感がありますが、やわらかなチョコレートスポンジにサンドされた甘さ控えめの生クリームとチョコレートクリームは芳醇なコクとまろやかさを堪能できます。

「『作り立てのケーキを楽しみたい!』という方にご紹介したいのがこちら。たっぷりの生クリームがチョコレートの濃厚さをマイルドにしてくれるので、後味はさっぱり楽しんでもらうことができます」(和田さん)

④<アンリ・ルルー>ガトーショコラ

濃厚なガナッシュ・キャラメルがたまらないガトーショコラ

アンリ・ルルーのガトーショコラの画像

<アンリ・ルルー>ガトーショコラ 496円(税込)

フランス発祥のショコラトリー<アンリ・ルルー>から、看板スイーツであるキャラメルとチョコレートの味わいを一度に楽しめる「ガトーショコラ」を紹介。

アンリ・ルルーのガトーショコラの断面画像

ビター度

★☆☆☆☆

濃厚さ

★★★★☆

食べ応え

★★★★☆

お酒の使用

なし

こちらのガトーショコラはしっとりとやわらかいのが特徴。生地にはダークチョコレート2種類とヘーゼルナッツ入りのミルクチョコレートを使っていて、とにかくチョコレートの味が濃厚です。また、中に隠されたガナッシュ・キャラメルが独特の香ばしさをプラス。

「まずは、チョコレート生地だけを味わってから、生地と生クリームを一緒に食べてみてください。まろやかさが全然違います。ぜひ、赤ワインと合わせて楽しんでほしいですね」(和田さん)

手土産はもちろん、自分へのご褒美にもぴったりな大人のチョコレートケーキ。個性豊かなラインナップから、その日の気分で、あなただけの最高の一品を選んでみてはいかがでしょう?

文: 辻井悠里加

写真:蔦野裕
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

  • スタイリスト/和田真由子

    伊勢丹新宿店、食品・レストラン営業部「カフェ エ シュクレ マ・パティスリー」担当。洋菓子のスタイリストとして、「お客さまに何を聞かれてもお答えできるよう、商品知識はもちろん、お店の成り立ちや特徴なども把握するよう、日々勉強を重ねています」

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=カフェ エ シュクレ/トップス、デメル、ノワ・ドゥ・ブール、アンリ・ルルーにてお取扱いがございます。
伊勢丹オンラインストアでは、世界的パティシエから伊勢丹限定最新スイーツまで、洗練された洋菓子をご紹介しています。

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. ポイントは3つ! とんかつ屋さんの 「ふわふわキャベツ」の作り方
  2. 【日持ち・常温・かさばらない】伊勢丹フードアテンダントが教える外さない手土産
  3. 卵焼きは劇的にふわふわになる!「こす・強火・3回で焼く」が鉄則
  4. 煮込まないのが正解! 野菜の甘さに感激する意外な「豚汁」レシピ
  5. ただ焼くだけなんて損! ソーセージが美味しくなる食べ方、教えます。