フライパンで簡単、パリッとジューシー!「焼き魚」レシピ

魚の調理法のうち、焼き魚はもっともポピュラーなもののひとつ。でも、後片付けの面倒さから避けてしまいがちです。そこで今回は、手軽なフライパンを使って、グリルさながらに焼き上げるコツを、伊勢丹新宿店・東信水産の石戸宏さんに教えてもらいました。外側はパリッと、中はふっくら&ジューシーに焼き上げるためには、3つのポイントがあるようです。

切り身を使って、フライパンで焼き魚に挑戦!

「切り身、開き、1尾まるごと。どのタイプでも、フライパンで美味しく焼くコツは同じです。今回は鰆の切り身を使って実演していきましょう」

ここでは鰆を使いましたが、鮭や鰤などの切り身であれば同じように作ることができます。

美味しく焼き上げるための3つのポイント

  • クッキングシートの上で焼く
  • 焼き加減は、表6割・裏4割
  • 仕上げに水分を飛ばす

[下準備]ふり塩のひと手間が身崩れを防ぐ!

フライパンで作る焼き魚のレシピ、魚にふり塩をして、水分をふき取るところ

まず、魚を焼き始める前に、ふり塩をしましょう。

「ふり塩は魚に塩味をつけるだけでなく、塩の脱水作用で魚特有の臭みをとるためでもあります。塩をふって、15~20分くらい置いたあと、魚の表面の水分をクッキングペーパーでふき取ります。水分が抜けることで身が締まるので、焼いても崩れにくくなるんですよ」

シートを敷いてから火にかけると、魚がくっつかない!

フライパンで作る焼き魚のレシピ、クッキングシートを敷いたフライパンに魚をのせる

「フライパンで魚を焼くときは油を使わず、フライパンにクッキングシートを敷いた状態でフライパンを温めておきます。こうすることで魚の皮がシートにくっつきにくくなり、きれいな焼き上がりになります」

クッキングシートは耐熱性ですが直火には弱いため、フライパンからはみ出ると、火が燃え移ることも。シートを切ったり、折ったりして、フライパンのサイズに合わせましょう。

「表6割、裏4割」がきれいな焼き上がりの秘訣

フライパンで作る焼き魚のレシピ、身の縁が白くなってきたら返しどき

切り身の場合、盛り付けたときに表になる皮目から焼き始めます。

「ふたをせずに表面を6割焼き、裏返してから、ふたをして4割蒸し焼きにします。魚を裏返すタイミングは、身の縁が白くなってきたころ。切り身は火が通ると崩れやすくなるので、必要以上に触らないようにしてください。裏返すときはフライ返しを使えば失敗しません」

表裏両面の水分を飛ばし、パリッと焼き上げる

フライパンで作る焼き魚のレシピ、ふたを取り水分を飛ばす

最後にふたをはずして、皮目を焼いてから、もう一度表面と裏面を焼き、水分を飛ばすように焼き上げます。こうすることで、外はパリッと、中はふっくらジューシーな、美味しい焼き魚の完成です!

「鰤など厚みのある切り身を焼くときは、側面にも火を通すようにしてください。また、秋刀魚や鯖などの青魚は、焼いている途中に脂がたくさんにじみ出てきます。パリッと焼き上げるために、この脂はクッキングペーパーでこまめにふきとりましょう」

日本は四方を海で囲まれた島国ですから、季節ならではの旬の魚はまさにごちそう! 美味しさも手軽さも一挙両得な『フライパンで焼き魚』で、気軽に美味しく、海の幸を楽しみましょう。

文: 白鳥紀久子

写真:岡崎健志
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

  • スタイリスト/石戸宏

    伊勢丹新宿店「東信水産」担当。秋田県の料理屋に生まれ、もともとは料理人を目指していた経緯から、ふぐ調理師の免許も所持。休日もキッチンに立ち、料理した魚をアテにお酒を飲むのが楽しみ。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=フレッシュマーケット/東信水産にてお取扱いがございます。

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. NY・ブルックリンで大人気の<BAKED(ベイクド)>がついに日本初出店!
  2. ゆで方でこんなに変わる! とうもろこしの甘さを120%引き出す、プロのテクニック
  3. センスがいいと褒められる、生イチジクを使った簡単カフェ風レシピ
  4. めんつゆをアレンジするだけ! 絶品うどんダレ3レシピ
  5. うまみが凝縮&甘みがアップ! 試す価値ありの焼き枝豆レシピ