注目店の2016年のガレット・デ・ロワ

フランスで古くから愛されている伝統菓子、「ガレット・デ・ロワ」。新年を祝って食べるお菓子で、もっとも一般的なものはアーモンドクリーム入りのパイの中に、フェーヴという小さな陶器のチャームが入っています。大勢で切り分けて食べ、フェーヴが当たった人は、その日1日「王様」や「王女様」になれる王冠をかぶり、1年の幸運を祝ってもらえます。

パイのおいしさもさることながら、趣向を凝らしたフェーヴのかわいさも気になるところ! 日本でも近年人気が高まって、フェーヴ蒐集家も増えているそうです。今回は、伊勢丹新宿店本館地下1階の洋菓子担当の倉友桐さんに、2016年注目のガレット・デ・ロワをフェーヴとともに、5つ紹介してもらいます。

スタンダードなスタイルの「ノワ・ドゥ・ブール」

ノワ・ドゥ・ブールのガレット・デ・ロワとフェーヴ

<ノワ・ドゥ・ブール>ガレット・デ・ロワ(1個入) 2,160円(税込)

焼菓子が人気の三越伊勢丹オリジナルブランド「ノワ・ドゥ・ブール」。フェーヴは全10種類で、家やかわいらしい建物などをかたどったフランスの伝統的なモチーフが採用されています。

ガレット・デ・ロワも、フェーヴと同じくフランスのスタンダードなタイプ。カリッとした食感のパイの中に、濃厚なアーモンドクリームがぎっしりつまっています。直径12cmと小ぶりなので、少人数での集まりにもぴったりです。

お米×柑橘の変わりダネ!「ピエール・エルメ・パリ」

ピエール・エルメ・パリのガレット・デ・ロワとフェーヴ

<ピエール・エルメ・パリ>ガレット リオレ エ アグリューム コンフィ(1個入) 4,320円(税込)

人気パティスリー「ピエール・エルメ・パリ」のフェーヴは、「イスパハン」や「マカロン」など、同店の人気スイーツをかたどったもの。実物のスイーツと並べて、見比べるのも楽しそうですね。

こだわりのガレット・デ・ロワは、通常とは逆の生地をバターで囲んだ「逆折り込み式」の製法を採用。口に入れると溶けるような、繊細な口当たりが魅力です。定番のアーモンドクリームではなく、お米を牛乳で煮たものに、柑橘のコンフィチュールが散らしてあるのもポイント。バニラの甘い香りもふわりと漂います。

最新フェーヴに注目の「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」

パティスリー・サダハル・アオキ・パリのガレット・デ・ロワとフェーヴ

<パティスリー・サダハル・アオキ・パリ>ガレット デ ロワ キャラメル ノワゼット(1個入) 3,951円(税込)

スイーツ界をリードする「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」は、フェーヴも最先端! 今年は全5種類のタブレット(板チョコ)を再現。パリ本店より取り寄せているというから、こだわりがうかがえます。

ガレット・デ・ロワは、フランス産発酵バターをたっぷり使った、サクサクとした生地の食感が魅力。キャラメルとヘーゼルナッツで仕上げた、アーモンドクリームとのコンビネーションが抜群です。

パイに定評のある「ゼフィール」は生地のおいしさに注目

ゼフィールのガレット・デ・ロワとフェーヴ

<ゼフィール>ガレット・デ・ロワ(1個入) 1,944円(税込)

東京風月堂の、伊勢丹限定ブランド「ゼフィール」。フェーヴは全10種類で、ラブリーなベアがポイント。ハロウィンやクリスマスなど、季節のイベントをかたどったクラシカルなタイプだそうです。

アップルパイが人気の同店だけに、ガレット・デ・ロワの生地のおいしさも折り紙付き。324層からなるパイ生地は軽すぎず、重すぎず、なんともバランスよい仕上がりです。ヘーゼルナッツプードルが入ったアーモンドクリームは香りが立っていて、風味豊か。正統派の味が楽しめます。

「アンリ・シャルパンティエ」はサクサク、ホロホロ!

アンリ・シャルパンティエのガレット・デ・ロワとフェーヴ

<アンリ・シャルパンティエ>ガレット・デ・ロワ(1個入) 2,376円(税込)

「アンリ・シャルパンティエ」のフェーヴは、幸運を表す、縁起物の象徴である「小槌」をモチーフにしています。

ガレット・デ・ロワのパイ生地は、バターで生地を囲んだ逆さ折り仕様。サクサク、ホロホロの食感がたまりません。強めに焼き色をつけた表面も美しく、食欲をそそります。パイの中には、アーモンドクリームとカスタードクリームを合わせたクレーム・フランジパーヌがたっぷり。ほんのりお酒が効いた、大人風味の一品です。

おもたせにも喜ばれそうなガレット・デ・ロワ。集まる人や場のイメージに合わせて、何回でも楽しみたくなりますね。幸運をつかんで、2016年もハッピーに過ごしましょう。

文: 西島恵

写真:蔦野裕(4枚目右・5枚目右)
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

  • スタイリスト/倉友桐

    伊勢丹新宿店・和酒担当。職場の明るいムードメーカー。趣味は、下町の居酒屋で1人飲み。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=カフェ エ シュクレ/ノワ・ドゥ・ブール、パティスリー・サダハル・アオキ・パリ、ゼフィール、アンリ・シャルパンティエ、プラ ド エピスリー/ピエール・エルメ・パリにてお取扱いがございます。 

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. ラップで包んじゃダメ!? チーズの保存方法と食べごろの見極め方
  2. 平日も行列必至! 極上生菓子みたいな<とらや>のかき氷「宇治金時」
  3. 【日持ち・常温・かさばらない】伊勢丹フードアテンダントが教える外さない手土産
  4. 料理上手が「木製のまな板」を使うのはなぜ? 知れば欲しくなるその魅力
  5. 伊勢丹食品フロアスタッフが選んだ「コレおいしい!」まとめ#1

口に入れるとふわっ! 新感覚のフリーズドライのチーズ

ロックフォールチーズ&レーズンとロックフォールチーズ&クルミ
ロックフォールチーズ&レーズンとロックフォールチーズ&クルミ

(写真左から)ロックフォールチーズ&レーズン、ロックフォールチーズ&クルミ 各70g/各1,620円(税込)

ワインのつまみにいいものを発見! 山羊のミルクから作ったチーズは風味にクセがあり、正直、ちょっと苦手でした。でも、「ロックフォールチーズ&レーズン」と「ロックフォールチーズ&クルミ」を食べてびっくり。フリーズドライにすると臭みがマイルドになると知ったのです。独特のふわっとした食感を、レーズンとクルミとを交互に食べて楽しむのがおすすめです。日持ちの良さも嬉しいところ。グルメな人へのギフトにしたらきっと喜ばれますよ。

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=プラ ド エピスリーにてお取扱いがございます。 また、伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

まさかデメルに!? おつまみ感覚で食べるサワースティック

デメルのサワースティック
デメルのサワースティック

<デメル>サワースティック(24本入り) 1,944円(税込)

<デメル>といえばザッハトルテ。……とショーケースを覗いていたら、シックなボックスを発見。なんと、甘くないクッキーとのこと。半信半疑で食べたら本当でした! ハマってしまったのは、エメンタールチーズがトッピングされたもの。これ、赤ワインのおつまみにぴったりなんです。ピンクペッパーやキャラウェイシードもクセになる味。甘党ではない方へのギフトにも重宝しています。

文: FOODIE編集部

写真:八田政玄
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1=カフェ エ シュクレ/デメルにてお取扱いがございます。伊勢丹オンラインストアでもお買い求めいただけます。

伊勢丹オンラインストア

おすすめアイテム一覧へ

板チョコみたいに分厚く切って食べたい! デンマークバター

デンマークバター
デンマークバター

<アンデルセン>デンマークバター(有塩・食塩不使用)250g 1,001円(税込)

アンデルセンで毎年6月にご紹介しているデンマークバターをご存知ですか? 乳酸菌を加えて発酵させたもので、口あたりがふわっとなめらか! 日本で一般的なバター(発酵させていないもの)とは違うかすかな酸味とコクは穀物パンとあわせるとなお引き立ちます。また、バターをスライスし、板チョコと合わせてパンに挟んで食べるのもおすすめ。贅沢だけどやめられない、お気に入りの食べ方です。
※数に限りがございます

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、2017年6月1日(木)〜30日(金)までのデンマークフェア期間中、伊勢丹新宿店本館地下1=デリ エ ブーランジュリー/アンデルセンにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

ビリリと辛い「薬膳ラー油」をリピート買いしてます!

小笠原フルーツガーデンの薬膳島辣油
小笠原フルーツガーデンの薬膳島辣油

<小笠原フルーツガーデン>薬膳島辣油(115g) 940円(税込)

「具入りタイプ」が台頭してからブームが続いているラー油。種類が数ある中でも「これ!」と感動したのが「薬膳島辣油」。実は、伊勢丹スタイリストが自分用にもギフト用にも選ぶ隠れた一品なんです。
島トウガラシの辛み、ウコン、アロエ、クコの実といった小笠原産の原材料が独特のハーモニーを奏でて、クセになる味。舌にビリビリとした辛さ、個性的な風味は、一度口にしたら忘れられません。

文: FOODIE編集部

写真:八田政玄
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=シェフズセレクションにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

鮎の魚くささが全然ない! 飲んでも美味しい出汁醤油

まるはらの鮎魚醤
まるはらの鮎魚醤

<まるはら>鮎魚醤(200ml) 1,404円(税込)

堂々と書かれた「鮎」の文字に惹かれて手に取った、<まるはら>の鮎魚醤。鮎と塩だけで作られていると知って驚きました。というのも、いわゆるエスニックの魚醤(ナンプラー)のようなパンチの利いた味ではなく、香りもあっさり。塩で下味を付けるよりもう少しコクを出したいときに使っています。お湯で薄めて飲んでみても、鮎のうまみが品良く香り立って美味しいんですよ。

文: FOODIE編集部

写真:佐坂和也
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1=シェフズセレクションにてお取扱いがございます。伊勢丹オンラインストアでもお買い求めいただけます。

伊勢丹オンラインストア

おすすめアイテム一覧へ