ユーゴ・エ・ヴィクトールのショコラ

先日、伊勢丹新宿店本館地下1階にオープンした、パリのスタイリッシュなスイーツブランド『Hugo & Victor (ユーゴ・エ・ヴィクトール)』。その魅力を年間約2,000種類ものチョコレートを試食し、チョコレートを愛してやまないショコラコーディネーターの市川歩美さんに語っていただきました。

 

パリジェンヌも愛する人気ショコラ

『Hugo & Victor(ユーゴ・エ・ヴィクトール)』は2010年、パリ6区にサン・ジェルマン・デ・プレにオープン。シェフパティシエのユーグ・プジェ氏は「ラデュレ」、パリの5ツ星ホテル「ル・ブリストル」、「ホテル・ノルマンディー」を経て、名門レストラン「ギー・サヴォア」のエグゼクティブ・パティシエを務めてきた方です。パリの人気ブランドであり、2011年のサロン・デュ・ショコラ(伊勢丹新宿店で開催)で日本初上陸以来、毎年行列ができる人気ブランドです。

そんな『ユーゴ・エ・ヴィクトール』のショコラを日本で購入できるのは、これまではバレンタインシーズンのみ、そして限られた場所のみでした。そのためパリを訪れると私は度々足を運んでいたのですが、期間限定で伊勢丹新宿店に出店されることになったのです! 今回は『ユーゴ・エ・ヴィクトール』のなかでも私がイチオシする商品をご紹介します。

ふわりと香るスパイスの誘惑「ユーゴ ショコラ」

ユーゴ・エ・ヴィクトールのユーゴ ショコラ(ピース)

ユーゴ ショコラ(ピース) 843円(税込)

「ユーゴ ショコラ」は日本初登場のチョコレートケーキ。私はこのチョコレートケーキがとても好きです。特に好きなのは、このケーキを買って帰り、ボックスを開ける瞬間。開けた途端に、スパイスの香りが広がり、「ユーゴ ショコラ」はいただく前のこの段階から私を魅了するのです。

ライムのフレッシュな酸味とスパイスのオリエンタルな香りのガナッシュをグルテンフリーのビスキュイショコラが挟み、上に盛りつけられるのは、口溶けなめらかなチョコレートクリームとカリっとキャラメリゼしたナッツと板チョコレート……。そのすべての味、食感、ビジュアルが組み合わさり、見事に調和しています。あくまでもチョコレートが主役のケーキであることもチョコレートを愛する私が大満足するポイントのひとつです。

伝統、新しさが共存する「カルネ・シ・ショコラ」

ユーゴ・エ・ヴィクトールのカルネ・シ・ショコラ(6個入り)

カルネ・シ・ショコラ(6個入り) 2,484円(税込)

カルネ(手帳)をイメージしたパッケージは、『ユーゴ・エ・ヴィクトール』のアイコン的存在。ディテールに至るまで美しく作られていて、一見本物の高級手帳のように見えます。

このパッケージに入ったショコラのシリーズのなかでも、私のお気に入りは、このボンボンショコラのセット「カルネ・シ・ショコラ」。薄く正方形に作られたショコラが6つ、一つひとつ異なるフレーバーが入っています。特におすすめなのは、アーモンドの香りが上品な「ジャンドゥーヤ アーモンド」とヘーゼルナッツを使った「ジャンドゥーヤ ルイボス」。ナッツをローストする工程から自社で行う、こだわりがつまったチョコレートです。『ユーゴ・エ・ヴィクトール』といえば、何かと話題になるデザインですが、このセットでは、伝統と新しさが共存する味の表現を楽しんでいただきたいですね。

 

カジュアルなパリが香る三種の「ブシェ」

パリのチョコレートショップに並んでいる一般的な「ブシェ」は、ビッグサイズのボンボンショコラのようなもの。チョコレート好きなフランス人は、これくらい大きなチョコレートをカジュアルにパクリとほおばっています。
ユーゴ・エ・ヴィクトールのブシェは3種。それぞれ一般的なボンボンショコラ3~4個分くらいの量で食べ応えがあるので、1個で大満足!

ユーゴ・エ・ヴィクトールのブシェ・ココ

ブシェ・ココ 692円(税込)

①ブシェ・ココ

ココナッツ好きな方なら絶対にほおばるべきブシェ。

ユーゴ・エ・ヴィクトールのブシェ・ビクッシュ

ブシェ・ビクッシュ 692円(税込)

②ブシェ・ビクッシュ

ビターとミルクのガナッシュを同時に楽しめるので、チョコレート本来の味を楽しみたい方におすすめです。

ブシェ・ロシェ

ブシェ・ロシェ 735円(税込)

③ブシェ・ロシェ

ヘーゼルナッツのスプレッドとまるごと1粒のヘーゼルナッツが入っているので、食べ応えがあります。

カジュアルなパリが香る「ブシェ」シリーズ。個性の違う3種を思いっきり味わってみてください。

ショコラコーディネーターの市川歩美さん 市川歩美

2003年より、高級チョコレートを中心としたチョコレート情報専門のブログを書き始める。現在はおすすめチョコレートの紹介のほか、チョコレート関連情報をメディアに提供するショコラコーディネーターとして活動。

 

文: 市川歩美

商品の取扱いについて

この記事でご紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=カフェ エ シュクレ/マ・パティスリーにてお取扱いがございます。
伊勢丹オンラインストアでは、世界的パティシエから伊勢丹限定最新スイーツまで、洗練された洋菓子をご紹介しています。

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. これがホントのしょうが焼き!? 豚が脇役の「しょうが焼き」レシピ
  2. 伊勢丹食品フロアスタッフが選んだ「コレおいしい!」まとめ#1
  3. 作って3日で食べられる。らっきょうの甘酢漬け&塩漬けの作り方
  4. ラップで包んじゃダメ!? チーズの保存方法と食べごろの見極め方
  5. 料理上手が「木製のまな板」を使うのはなぜ? 知れば欲しくなるその魅力

口に入れるとふわっ! 新感覚のフリーズドライのチーズ

ロックフォールチーズ&レーズンとロックフォールチーズ&クルミ
ロックフォールチーズ&レーズンとロックフォールチーズ&クルミ

(写真左から)ロックフォールチーズ&レーズン、ロックフォールチーズ&クルミ 各70g/各1,620円(税込)

ワインのつまみにいいものを発見! 山羊のミルクから作ったチーズは風味にクセがあり、正直、ちょっと苦手でした。でも、「ロックフォールチーズ&レーズン」と「ロックフォールチーズ&クルミ」を食べてびっくり。フリーズドライにすると臭みがマイルドになると知ったのです。独特のふわっとした食感を、レーズンとクルミとを交互に食べて楽しむのがおすすめです。日持ちの良さも嬉しいところ。グルメな人へのギフトにしたらきっと喜ばれますよ。

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=プラ ド エピスリーにてお取扱いがございます。 また、伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

まさかデメルに!? おつまみ感覚で食べるサワースティック

デメルのサワースティック
デメルのサワースティック

<デメル>サワースティック(24本入り) 1,944円(税込)

<デメル>といえばザッハトルテ。……とショーケースを覗いていたら、シックなボックスを発見。なんと、甘くないクッキーとのこと。半信半疑で食べたら本当でした! ハマってしまったのは、エメンタールチーズがトッピングされたもの。これ、赤ワインのおつまみにぴったりなんです。ピンクペッパーやキャラウェイシードもクセになる味。甘党ではない方へのギフトにも重宝しています。

文: FOODIE編集部

写真:八田政玄
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1=カフェ エ シュクレ/デメルにてお取扱いがございます。伊勢丹オンラインストアでもお買い求めいただけます。

伊勢丹オンラインストア

おすすめアイテム一覧へ

板チョコみたいに分厚く切って食べたい! デンマークバター

デンマークバター
デンマークバター

<アンデルセン>デンマークバター(有塩・食塩不使用)250g 1,001円(税込)

アンデルセンで毎年6月にご紹介しているデンマークバターをご存知ですか? 乳酸菌を加えて発酵させたもので、口あたりがふわっとなめらか! 日本で一般的なバター(発酵させていないもの)とは違うかすかな酸味とコクは穀物パンとあわせるとなお引き立ちます。また、バターをスライスし、板チョコと合わせてパンに挟んで食べるのもおすすめ。贅沢だけどやめられない、お気に入りの食べ方です。
※数に限りがございます

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、2017年6月1日(木)〜30日(金)までのデンマークフェア期間中、伊勢丹新宿店本館地下1=デリ エ ブーランジュリー/アンデルセンにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

ビリリと辛い「薬膳ラー油」をリピート買いしてます!

小笠原フルーツガーデンの薬膳島辣油
小笠原フルーツガーデンの薬膳島辣油

<小笠原フルーツガーデン>薬膳島辣油(115g) 940円(税込)

「具入りタイプ」が台頭してからブームが続いているラー油。種類が数ある中でも「これ!」と感動したのが「薬膳島辣油」。実は、伊勢丹スタイリストが自分用にもギフト用にも選ぶ隠れた一品なんです。
島トウガラシの辛み、ウコン、アロエ、クコの実といった小笠原産の原材料が独特のハーモニーを奏でて、クセになる味。舌にビリビリとした辛さ、個性的な風味は、一度口にしたら忘れられません。

文: FOODIE編集部

写真:八田政玄
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=シェフズセレクションにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

鮎の魚くささが全然ない! 飲んでも美味しい出汁醤油

まるはらの鮎魚醤
まるはらの鮎魚醤

<まるはら>鮎魚醤(200ml) 1,404円(税込)

堂々と書かれた「鮎」の文字に惹かれて手に取った、<まるはら>の鮎魚醤。鮎と塩だけで作られていると知って驚きました。というのも、いわゆるエスニックの魚醤(ナンプラー)のようなパンチの利いた味ではなく、香りもあっさり。塩で下味を付けるよりもう少しコクを出したいときに使っています。お湯で薄めて飲んでみても、鮎のうまみが品良く香り立って美味しいんですよ。

文: FOODIE編集部

写真:佐坂和也
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1=シェフズセレクションにてお取扱いがございます。伊勢丹オンラインストアでもお買い求めいただけます。

伊勢丹オンラインストア

おすすめアイテム一覧へ