水炊きのイメージ

日毎、寒さが増してきましたね。体を芯から温めてくれる冬の定番、水炊きが恋しくなる季節です。水炊きは、水から鶏肉を煮て、うまみを存分に引き出す鍋料理。シンプルさを極めた料理だからこそ、美味しく作るには押さえるべきポイントがあります。

そこで、ワンランク上の味わいに仕上げる極意を、こだわりの国産鶏肉のみを扱う『伊藤和四五郎商店 鶏三和』さんに教えてもらいました。さまざまな部位の鶏肉を使って複雑なうまみを引き出す、鶏肉を知り尽くしたプロ直伝のレシピです。

極意その1 鶏はさまざまな部位を組み合わすべし

「伊藤和四五郎商店 鶏三和」の鶏肉

名古屋コーチン 骨付きももぶつ切り(100g) 564円(税込)、香草美水鶏 もも角切り(100g) 299円(税込)

「水炊きに使う鶏肉は、骨付き肉、もも肉など、さまざまな部位を混ぜるとスープに複雑なうまみが出ます。鶏肉の銘柄も変えて組み合わせると、より深みのあるだしになりますよ」

今回使用したのは、名古屋コーチンの骨付き肉と香草美水鶏のもも肉。名古屋コーチンは一般のブロイラーと比較すると3倍の飼料と2.5倍の飼育期間がかかる地鶏で、キュッとしまった肉質と上質なコラーゲンがたっぷり。香草美水鶏は、ハーブを配合した飼料で育てているため、鶏独特の臭みがなく、程よく脂肪がのっていてジューシーです。

「美味しい鶏肉の見分け方」も合わせてチェック!

極意その2 鶏がらは砕いて、スープを白濁させよ

鶏がらから作る水炊きのレシピ、スープのとり方

名古屋コーチン鶏がら(1本) 462円(税込)

鶏のうまみを存分に味わうには、鶏がらのだしがしっかり出たこってり&白濁スープがおすすめ!

「水に粗く砕いた鶏がらを入れて、強火で沸騰させながら、2時間じっくり煮ます。鶏がらからコラーゲンや鶏肉のうまみエキスがたっぷり染み出て、とっても濃厚な白濁スープがとれます」

え~! 2時間も!? と敬遠しがちですが、火にかけておけばいいだけなので、案外簡単。ぜひ、チャレンジしてみてほしいです。

極意その3 具材は、シンプル・イズ・ベスト!

鶏がらから作る水炊きのレシピ、具材

「水炊きは鶏だしのうまみを味わうためのもの。だから、具材はできるだけシンプルなほうが最後まで味が濁らず、美味しくいただけます」

お好みでポン酢などをつけていただきますが、どうかお願い! 最初のひと口は何も加えず、白濁スープの味とやわらかくてジューシーな鶏肉の食感を堪能してみて。鶏だしのうまみが凝縮されたその味は、まろやかで、じんわりとしたコクと深みがあり、思わず「美味しいー」と感嘆の声をもらさずにはいられません。翌日はお肌プルプルになっていること、間違いなし!

鶏がら白濁スープの水炊き

鶏がらから作る水炊きのレシピ

材料(4~5人分)

作り方

  1. 大鍋にたっぷりの水、粗く砕いた鶏がら、長ねぎ、しょうがを入れて、中強火で沸騰させながら、約2時間煮て、白濁スープを作る。
  2. 土鍋に1の白濁スープ、ぶつ切り骨付きもも肉を入れて、中火で30分煮る。アクはきれいにすくい取る。
  3. もも角切り、白菜、水菜、長ねぎ、舞茸を加えて、サッと煮る。お好みでポン酢をつけていただく。

*番外編 鶏手羽先で作る、簡単水炊き

鶏手羽先で作る水炊きのレシピ

香草美水鶏 手羽先(100g) 206円(税込)

「もっと手軽に水炊きを楽しみたいときは、鶏手羽先ともも角切りを使った、簡単水炊きはいかがでしょうか。鶏手羽先を水から20~30分煮て、もも角切り、お好みの野菜を加えて、サッと煮るだけです。手羽先に含まれているコラーゲンがスープに溶け出すので、短時間でも美味しいだしがとれます」

手羽先は細かい骨がたくさんある部位ですが、煮込むと肉と骨が離れやすくなり、グンと食べやすくなります。鶏肉の中でもお求めやすい価格の部位なので、経済的にも気軽でいいですね!

文: 白鳥紀久子

写真:八田政玄
調理協力:タカハシユキ
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=フレッシュマーケット/伊藤和四五郎商店 鶏三和にてお取扱いがございます。 

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. これがホントのしょうが焼き!? 豚が脇役の「しょうが焼き」レシピ
  2. 伊勢丹食品フロアスタッフが選んだ「コレおいしい!」まとめ#1
  3. 作って3日で食べられる。らっきょうの甘酢漬け&塩漬けの作り方
  4. ラップで包んじゃダメ!? チーズの保存方法と食べごろの見極め方
  5. 料理上手が「木製のまな板」を使うのはなぜ? 知れば欲しくなるその魅力

口に入れるとふわっ! 新感覚のフリーズドライのチーズ

ロックフォールチーズ&レーズンとロックフォールチーズ&クルミ
ロックフォールチーズ&レーズンとロックフォールチーズ&クルミ

(写真左から)ロックフォールチーズ&レーズン、ロックフォールチーズ&クルミ 各70g/各1,620円(税込)

ワインのつまみにいいものを発見! 山羊のミルクから作ったチーズは風味にクセがあり、正直、ちょっと苦手でした。でも、「ロックフォールチーズ&レーズン」と「ロックフォールチーズ&クルミ」を食べてびっくり。フリーズドライにすると臭みがマイルドになると知ったのです。独特のふわっとした食感を、レーズンとクルミとを交互に食べて楽しむのがおすすめです。日持ちの良さも嬉しいところ。グルメな人へのギフトにしたらきっと喜ばれますよ。

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=プラ ド エピスリーにてお取扱いがございます。 また、伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

まさかデメルに!? おつまみ感覚で食べるサワースティック

デメルのサワースティック
デメルのサワースティック

<デメル>サワースティック(24本入り) 1,944円(税込)

<デメル>といえばザッハトルテ。……とショーケースを覗いていたら、シックなボックスを発見。なんと、甘くないクッキーとのこと。半信半疑で食べたら本当でした! ハマってしまったのは、エメンタールチーズがトッピングされたもの。これ、赤ワインのおつまみにぴったりなんです。ピンクペッパーやキャラウェイシードもクセになる味。甘党ではない方へのギフトにも重宝しています。

文: FOODIE編集部

写真:八田政玄
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1=カフェ エ シュクレ/デメルにてお取扱いがございます。伊勢丹オンラインストアでもお買い求めいただけます。

伊勢丹オンラインストア

おすすめアイテム一覧へ

板チョコみたいに分厚く切って食べたい! デンマークバター

デンマークバター
デンマークバター

<アンデルセン>デンマークバター(有塩・食塩不使用)250g 1,001円(税込)

アンデルセンで毎年6月にご紹介しているデンマークバターをご存知ですか? 乳酸菌を加えて発酵させたもので、口あたりがふわっとなめらか! 日本で一般的なバター(発酵させていないもの)とは違うかすかな酸味とコクは穀物パンとあわせるとなお引き立ちます。また、バターをスライスし、板チョコと合わせてパンに挟んで食べるのもおすすめ。贅沢だけどやめられない、お気に入りの食べ方です。
※数に限りがございます

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、2017年6月1日(木)〜30日(金)までのデンマークフェア期間中、伊勢丹新宿店本館地下1=デリ エ ブーランジュリー/アンデルセンにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

ビリリと辛い「薬膳ラー油」をリピート買いしてます!

小笠原フルーツガーデンの薬膳島辣油
小笠原フルーツガーデンの薬膳島辣油

<小笠原フルーツガーデン>薬膳島辣油(115g) 940円(税込)

「具入りタイプ」が台頭してからブームが続いているラー油。種類が数ある中でも「これ!」と感動したのが「薬膳島辣油」。実は、伊勢丹スタイリストが自分用にもギフト用にも選ぶ隠れた一品なんです。
島トウガラシの辛み、ウコン、アロエ、クコの実といった小笠原産の原材料が独特のハーモニーを奏でて、クセになる味。舌にビリビリとした辛さ、個性的な風味は、一度口にしたら忘れられません。

文: FOODIE編集部

写真:八田政玄
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=シェフズセレクションにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

鮎の魚くささが全然ない! 飲んでも美味しい出汁醤油

まるはらの鮎魚醤
まるはらの鮎魚醤

<まるはら>鮎魚醤(200ml) 1,404円(税込)

堂々と書かれた「鮎」の文字に惹かれて手に取った、<まるはら>の鮎魚醤。鮎と塩だけで作られていると知って驚きました。というのも、いわゆるエスニックの魚醤(ナンプラー)のようなパンチの利いた味ではなく、香りもあっさり。塩で下味を付けるよりもう少しコクを出したいときに使っています。お湯で薄めて飲んでみても、鮎のうまみが品良く香り立って美味しいんですよ。

文: FOODIE編集部

写真:佐坂和也
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1=シェフズセレクションにてお取扱いがございます。伊勢丹オンラインストアでもお買い求めいただけます。

伊勢丹オンラインストア

おすすめアイテム一覧へ